ウモプラス活用法

ウモプラスを観葉植物に‥

注水にウモプラスを使用すれば、観葉植物の新鮮さを維持し寿命も延ばします。また、生花は開花期間が長くなり、新鮮さがより長く持続できます。さらに、花瓶の水の悪臭が出難くなるので、水が減ってきたら追加するだけでより長く花を生き生きとさせます。
ウモプラスでお花の寿命を延ばす
植物を活性化し寿命を延ばし、葉・花の色ツヤがよく、新鮮で自然な色になり、育ちもよくなります。 生け花用で切った枝は、ウモプラスの中で水気を取り、しばらくそのまましてから生けるとより長く鑑賞できます。
ウモプラスで種にエネルギーを注入
種を一晩前後、ウモプラスにつけておくと、発芽を促進させ、元気に成長するようになります。
ウモプラスでもやし栽培すると‥
もやしの栽培用の水としてウモプラスを利用すると、歯ごたえのあるミネラルたっぷりのもやしを栽培することができます。
お試し方法
ウモプラスを1000倍くらいに希釈して注水の水として使って下さい。