ウモプラス
ウモプラスの使い方情報がいっぱい!珪素を食と生活のすみずみに。

ウモと珪素の基本情報
ウモプラス活用
ウモプラスの料理
洗剤
珪素商品
ウモの卸

 

ウモプラスを料理に‥

煮物でわかる!料理とウモプラスとの相性
かぼちゃの煮物、肉じゃが、煮豆など、柔らかい素材を煮崩れさせずにふっくらと炊き上げたい場合は、ウモプラスにお任せ下さい。理由はお米を炊くときと同じで、umoに含まれるミネラルが素材の表面の水溶性食物繊維であるペクチンと結合するため、たとえば、かぼちゃや芋・豆などでは、水分を含んだままほっこりと煮上がります。 umoに含まれるミネラルが、かぼちゃや豆が持つ甘みをうまく引き立てるため、滋味のある味わいになるのです。
また、大根などおでんの材料も、ウモプラスを2〜10滴ほど入れた汁で下茹でしておくと、煮崩れせず大根などの程よい甘味を引き出します。
また、ごぼう、竹の子、ゼンマイ、玉ねぎ等に使用すると、匂いが手に着きにくく、変色も無く、美味しくなります。
肉をやわらかく煮込む
豚の角煮、ビーフシチューやカレー、肉の煮込み料理は、肉をほろりと柔らかくし、肉の形は煮崩れずに仕上がるというのが理想です。しかし高価な肉をじっくりと時間をかけなくては難しいものです。そこで、ウモプラスの登場です。
肉をじっくりやわらかく煮込みたい場合は、表面に焼き入りをつけた肉を鍋に入れると同時に、ウモプラスを30滴(1.2ml)ほど入れて煮込みます。
このとき、肉のアクがたくさん浮いてきます。これは、umoに含まれる6種類のミネラルが、素材のアクを呼び寄せるからです。しっかりアク抜きができるので、仕上がりがすっきりと高級品の味わいとなります。焼肉の場合は、焼く前にスプレーすると一層おいしくなります。
(1)肉をいためる。
(2)煮込む段階で、ウモプラスを入れます。
(3)アクをすうとき、いつもよりたくさん出ていることに気づくでしょう。
お試し方法
煮物の場合、だし汁に素材を入れ、しょうゆ、みりん、砂糖など好みの調味料とともに、ウモプラスを10滴ほど入れて煮込みましょう。
肉料理の場合、ウモプラスを30滴(1.2ml)ほどお好みに応じて入れて、料理に使用してください。
焼肉用のスプレーは、ウモプラスを2〜5倍で希釈して使用してください。
ウモプラス体験談‥「あっというまにお出汁がとれてびっくりでした」
ケイ素がいいという話を聞いて調べてみたところ、umoを見つけ、1本購入して使ってみました。
お出汁をとる時に使ってみたらあっというまにお出汁がとれてびっくりでした。お米やお肉も美味しくなります。
肌にもスプレーしたりお風呂に入れてみたり、色々な使い方を試しているところです。 クリスタルも薄めたumoで拭いてみたところ、みるみるピカピカになりました!そろそろなくなってきたので、2本目もつかってみようと思っています。
(2010/10/20掲載 埼玉県 H.Oさん 女性)


ウモプラス製品
umo plus(ウモプラス)
クリスタル(水晶)から生まれた濃縮溶液。地球パワーの浄化!
天使の塩湯
珪素たっぷり!きわめて安全な、身体を洗浄できる入浴エッセンスです。
umo plus(ウモプラス)
エネルギーを吸い込む天然石は、定期的に浄化が必要です。誰でも簡単にできる浄化ミストの誕生!
ウモちゃん.comの水晶メールセミナー   
読者限定のお得なお知らせもあります!
   

© HONOKASHA, Inc All rights Reserved.
ウモプラス販売